Nakanooenooji_Nakatominokamatari
44/62

第三部◎大化改新4444 こうした大規模な造営や征夷が可能だった背景には、孝徳朝での地方行政改革によって、朝廷への富や権力の集中が、徐々にではあるが進んだことがあるだろう。孝徳朝の成果によって斉明朝の活動が可能になったと考える。一方、孝徳朝改革や有り様が、当時の倭国の社会や支配者層にとっては「背伸び」しすぎていた部分があり、その揺り戻しという側面もあるようにも感じられる。図 25 岡の酒船石(奈良県高市郡明日香村岡)図 26 亀型石槽(奈良県高市郡明日香村岡)

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る