知っとこ?!奈良飛鳥・奈良時代編

飛鳥・奈良時代に起きた年月日がわかるできごとを、クイズ形式で紹介しています。
「答えはこちら」をクリックすると、答え・解説と関連のある場所への案内が表示されます。
有名なものから少し難しいものまで様々なできごとをとり上げていますので、ぜひ挑戦してみてください。

6月のクイズ

  • クイズ1
  • クイズ2
  • クイズ3
  • クイズ4

巻き物

わかるかな

飾り物

問題文:
天平宝字4年(760)
6月7日は何の日?
(新暦では7月27日)

法華寺

写真提供:法華寺


答えはこちら

【答え】

天平宝字4年6月7日(新暦760年7月27日)は、 光明皇太后(こうみょうこうたいごう)が亡くなった日です。

【解説】

光明皇后は聖武天皇とともに仏教を深く信じ、法華寺や新薬師寺などのお寺を建てました。 法華寺は、東大寺が全国の総国分寺であったのに対し、総国分尼寺と位置づけられ、正式には法華滅罪之寺(ほっけめつざいのてら)といいます。

法華寺(十一面観音菩薩立像、名勝庭園)


写真提供:法華寺


【参考情報】
・法華寺へのアクセス
 JR・近鉄奈良駅から奈良交通西大寺駅行き(自衛隊経由)法華寺下車徒歩3分
 近鉄大和西大寺北口バス乗り場より近鉄奈良駅行き(自衛隊経由)法華寺下車徒歩3分

土日祝日を中心に、「JR・近鉄奈良駅」などから法華寺まで周遊バス「ぐるっとバス」運行(運賃100円)

6月5日~6月10日 国宝十一面観音菩薩立像特別開扉
光明皇后の命日(6月7日)に合わせての御開帳です。

駐車場:あり(無料)

  • 関連リンク

問題文:
皇極天皇4年(645)
6月12日は何の日?
(新暦では7月13日)

伝飛鳥板蓋宮跡(でんあすかいたぶきのみやあと)

写真提供:明日香村教育委員会


答えはこちら

【答え】

皇極天皇4年6月12日(新暦645年7月13日)は、 中大兄皇子(なかのおおえのみこ)・中臣鎌足(なかとみのかまたり)らが飛鳥板蓋宮大極殿(あすかいたぶきのみやだいごくでん)において蘇我入鹿(そがのいるか)を暗殺した日です。

【解説】

その後、入鹿の父蝦夷(えみし)が自害し、蘇我氏本宗家は滅亡しました。この政変を乙巳(いっし)の変といい、大化改新(たいかのかいしん)のきっかけとなりました。

伝飛鳥板蓋宮跡(でんあすかいたぶきのみやあと)


写真提供:明日香村教育委員会


【参考情報】
乙巳の変の舞台である飛鳥板蓋宮は、伝飛鳥板蓋宮跡として整備されています。

・伝飛鳥板蓋宮跡へのアクセス
 近鉄 橿原神宮前駅又は飛鳥駅 明日香周遊バス 岡天理教前下車 徒歩5分

駐車場:なし

  • 関連リンク

問題文:
天平18年(746)
6月18日は何の日?
(新暦では7月15日)

史跡頭塔(ずとう)

写真提供:奈良市観光協会


答えはこちら

【答え】

天平18年6月18日(新暦746年7月15日)は、 僧の玄昉(げんぼう)が亡くなった日です。

【解説】

奈良時代の僧で、717年に唐に渡って学び、735年に経論(きょうろん、お経とその解説書)約5000巻を持ち帰りました。吉備真備(きびのまきび)とともに橘諸兄(たちばなのもろえ)政権の担い手として活躍しましたが、筑紫(つくし)に左遷され、そこで亡くなりました。

史跡頭塔(ずとう)


写真提供:奈良市観光協会


【参考情報】
興福寺所蔵の国宝木造法相六祖坐像(ほっそうろくそざぞう)の1つに玄昉像があります。

・興福寺へのアクセス
 近鉄奈良駅(東改札口)徒歩7分
 またはJR奈良駅から奈良交通市内循環バス「県庁前」下車すぐ

史跡頭塔(ずとう)は玄昉の頭を埋めた墓との伝承があったため、この名称の由来とされてきました。

・史跡頭塔へのアクセス
 奈良交通市内循環バス「破石(わりいし)町」下車すぐ

駐車場:興福寺:あり(普通車は1000円)
    頭塔:なし

  • 関連リンク

問題文:
天武天皇元年(672)
6月22日は何の日?
(新暦では7月25日)

吉野宮(よしののみや)復原模型(吉野歴史資料館)

写真提供:吉野町教育委員会


答えはこちら

【答え】

天武天皇元年6月22日(新暦672年7月25日)は、 大海人皇子(おおあまのみこ)が決起を決断、壬申(じんしん)の乱が始まった日です。

【解説】

壬申の乱は、大友皇子と大海人皇子による皇位継承をめぐる古代最大の内乱です。 隠棲していた吉野(吉野宮)から東国へ移動、東国の豪族たちの協力を得て勝利した大海人皇子は、飛鳥で即位し、天武天皇となりました。

箸墓の戦いの模型


写真提供:奈良文化財研究所


【参考情報】
宮滝遺跡は吉野宮跡の有力候補地で、付近の吉野歴史資料館では、吉野宮に関しても展示されています。

・宮滝遺跡へのアクセス
 近鉄大和上市駅からバスで約15分「宮滝」下車徒歩約5分

箸墓古墳の周辺は壬申の乱の戦場の一つです。
卑弥呼のお墓という説もあります。

・箸墓古墳へのアクセス
 JR巻向駅から徒歩5分

駐車場:吉野歴史資料館:あり(無料)
    箸墓古墳:なし

  • 関連リンク


© 2016 Nara Prefecture All Rights Reserved. 各ページの記載記事、写真の無断転載を禁じます。