庁中漫録

古文書「庁中漫録」は、江戸時代を中心とした大和の話題の宝庫です。
このコーナーでは、「庁中漫録」のくずし字を活字に直して掲載しています。
史料が語る生の声を聞いて、魅力あふれる大和の歴史に触れてみましょう。
また、古文書のくずし字に興味がある方のために原文も用意しました。ぜひ挑戦してみてください。

庁中漫録img

「庁中漫録」
紹介文

「庁中漫録」とは

 

「庁中漫録(ちょうちゅうまんろく)」は、奈良奉行所の与力(よりき)の職を勤めた玉井定時とその子孫によって筆写された文書群で、奈良県立図書情報館寄託本が78巻を数えます。

そのうち、もともと「庁中漫録」の表題をもつものはわずかで、大半はそれぞれ別の表題が付けられていました。のちの時代に玉井家で整理された際、新たに通巻番号が付されたことにより、これら78巻の文書群が便宜上「庁中漫録」という共通の名称で一括されるに至りました。 

 

この大部分を筆記したのが玉井定時です。定時は、正保3年(1646)奈良奉行所与力井関六大夫の長男として生まれ、当初は大和郡山藩に仕えて大和各地の文献や伝承を調査していましたが、延宝7年(1679)33歳の時、父の跡を継いで与力となりました。

当時、奉行所では執務のために関係資料を収集する必要が生じたため、定時にも文献調査とその記録が命じられました。加えて、退職後は大和の地誌である「大和名勝志」全16巻を完成させ、享保5年(1720)75歳でこの世を去りました。

 

「庁中漫録」の内容は、この「大和名勝志」をはじめとして、法令等の奉行所関係記録、定時自身も関与した寺社の巡見・調査記録、さらには戦記や文学作品にまで多岐にわたり、近世初中期の大和国の基本史料として質・量ともに群を抜いています。

この貴重な史料をもとに、奈良県の歴史を読み解いていきましょう。

 

 

 

参考文献

・秋山日出雄・廣吉壽彦編『元禄年間 山陵記録』(由良大和古代文化研究協会, 1994)

・幡鎌一弘『寺社史料と近世社会』(法藏館,2014)



  • 江戸時代からみた古代の大和
  • かつて、奈良には都があり、高度な文化が花開きました。「庁中漫録」は江戸時代の史料ですが、その中には古代の大和に関する重要な 記録や伝承も多く記録されています。江戸時代、日本人が歴史をどのようにとらえていたのか。その一端をご紹介します。
  • 『蘭奢待』
  • 『光明皇后』
  • 「庁中漫録」の書誌学的特徴


庁中漫録

地図で見る 庁中漫録


© 2016 Nara Prefecture All Rights Reserved. 各ページの記載記事、写真の無断転載を禁じます。