織田信長 おだのぶなが

1534-1582(天文3-天正10)

戦国・安土桃山時代の武将。永禄3年(1560)桶狭間の戦いで今川義元を破り、同10年(1567)美濃の斎藤竜興を稲葉山城に降してこの地を岐阜と改めた。岐阜は信長が天正4年(1576)に安土城を築くまで全国統一を目指す上での本拠地となった。永禄11年(1568)、信長は足利義昭を擁して上洛し、義昭を将軍職につけて室町幕府を再興させる。しかし信長の勢力拡大に伴い両者の関係は悪化、元亀2年(1571)に義昭と内通していた比叡山を焼打ちにする。天正元年(1573)には朝倉氏・浅井氏を滅ぼし、義昭を京から追放して室町幕府を滅亡させ、天正3年(1575)武田勝頼を三河長篠に破った。関所を廃し安土城下を楽市として商人の誘致をはかるなど全国統一の基盤を固めたが、天正10年(1582)本能寺の変で明智光秀の襲撃を受けて自刃した。正倉院宝物である蘭奢待を切り取った人物の一人で、家臣への褒美として分け与えたとされる。