安土城武井夕庵邸跡(摠見寺境内)
(写真提供:滋賀県安土城郭調査事務所)

武井夕庵 たけいせきあん

生没年不詳

戦国・安土桃山時代の武将。はじめ美濃の斎藤竜興の家臣であったが、のちに織田信長の側近として右筆や奏者を勤めた。毛利氏との折衝や北条氏政の使者との対面など、外交面でも活躍した。また、天正2年(1574)に信長が勅許を得て東大寺正倉院の宝物である蘭奢待を切り取った際には奉行を務めた。