西金堂跡

興福寺西金堂 こうふくじさいこんどう

天平6年(734)、光明皇后が母県犬養三千代の一周忌追福のために建立した、興福寺境内西南の建築物。本尊は丈六(一丈六尺=約5m)の釈迦如来像だが、阿修羅像で有名な乾漆八部衆立像や十大弟子立像など、国宝に指定される貴重な文化財が多い。西金堂の堂宇は平安時代から鎌倉時代にかけて被災する度に再建されてきたが、享保2年(1717)に焼失し、現在は跡を残すのみである。西金堂ゆかりの文化財は興福寺国宝館に保管され、拝観が可能。