菅谷九右ヱ門像(『魁題百撰相』より)
(所蔵:弘前市立弘前図書館 写真提供:人間文化研究機構 国文学研究資料館)

菅屋長頼 すがや ながより

?-1582(-天正10)

戦国・安土桃山時代の武将。織田信長の側近で伊勢北畠氏討伐や伊丹城攻めなどに従軍し、馬廻衆を統率する立場にあった。天正9年(1581)には能登国七尾城代に任じられている。天正2年(1574)に信長が勅許を得て東大寺正倉院の宝物である蘭奢待を切り取った際には奉行を務めた。天正10年(1582)6月2日、本能寺の変の際に二条城で子の勝次郎と共に討ち死にした。一説に長頼は、信長の家臣である織田信房の子であったという。