徳川家康画像(伝狩野探幽筆)
(所蔵および写真提供:大阪城天守閣)

徳川家康 とくがわ いえやす

1542-1616(天文11-元和2)

江戸幕府の初代将軍。6歳から織田信秀、8歳からは今川義元の人質として過ごす。永禄3年(1560)に桶狭間の戦いで今川義元が敗死したことで三河の岡崎城に戻った。翌年には織田信長と同盟を結び、姉川の戦いで浅井・朝倉連合軍を破り、長篠の戦いで武田氏を滅ぼした。信長が本能寺の変で自刃した後は豊臣秀吉と和睦して天下統一に協力するが、秀吉没後に関ヶ原の戦いで勝利すると、慶長8年(1603)将軍宣下を受けて征夷大将軍となり、江戸幕府を開く。慶長10年(1605)子の秀忠に将軍職をゆずるが、駿府に引退後も大御所とよばれて朝廷・寺社関係や外交など、全国的な政務を統轄した。死後ははじめ久能山に葬られたが、東照大権現の諡号が送られ元和3年(1617)に下野の日光山に改葬された。慶長7年(1602)に正倉院宝物の蘭奢待を切り取ったという記録があるが、定かではない。