元興寺極楽坊
(写真提供:奈良市観光協会)

『大和名所図会』
(所蔵および画像提供:奈良県立図書情報館)

元興寺 がんごうじ

奈良市中院町にある真言律宗の寺院。前身は、蘇我馬子が飛鳥に建立した日本最古の本格的な寺院である法興寺(飛鳥寺)である。寺域は、全盛期には猿沢池の南方で現在「ならまち」と通称される地区の大部分を占めたが、その後衰退し、極楽坊、小塔院、五重塔を中心とした観音堂の三寺に分立し、安政6年(1859)五重塔と観音堂は焼失した。極楽坊には禅室と本堂が現存している。双方ともに奈良時代の部材が多く用いられており、古代建築の貴重な遺構として国宝に指定されている。