橋本町高札場

高札場の図(「庁中漫録」より)
(所蔵:奈良県立図書情報館寄託)

橋本町高札場 はしもとちょうこうさつば

高札は、一般庶民に法を公示する手段として用いられ、町の辻や橋のたもとなど人目につきやすい場所に掲示した。特に江戸時代は、幕府が統治上もっとも重視した施政を高札に示し、幕府の基本姿勢の周知徹底を図った。江戸時代、奈良では、高札がここ橋本町をはじめ、山城との国境にあたる奈良坂町(現在の奈良阪町)などに建てられていた。橋本町には観光用に文言を改めて高札が再現されている。