佐保山 さほやま

平城京の北方に東西に広がる丘陵を奈良山(那羅山・平城山とも)といい、佐保山と呼ばれたのもその一部である。これらが大和と山城との国境をなした。天皇・皇族の陵所としても著名で、その名を冠した佐保山南陵(聖武天皇陵)や佐保山東陵(光明皇后陵)などがある。佐保山が神格化した佐保姫は春をつかさどる女神で、春の季語の一つに数えられる。古くからの桜の名所でもある。